暁降ちのころ

暁降ち(あかつきくたち)と読みます。40歳から始めた日常の整理、備忘録などを思うままに好き勝手書いています。

鑑了 恋は光

秋★枝さんによる漫画が元になっている映画で、2022年6月公開。映画の舞台は岡山県で、出演は神尾楓珠さん、西野七瀬さん、平祐奈さん、馬場ふみかさん。第44回ヨコハマ映画祭において、その4人が最優秀新人賞を受賞するという同映画祭初の快挙となった作品だそう。アマプラを開くとトップにでかでかと出てきて、気になったので週末に一気見してしまいました。

ちなみに元の漫画は読んだことがなく、作品そのものも知りませんでした。しかも出演の4人のなかで知っているのは神尾楓珠さんのみという状況。普段から地上波テレビというメディアにほぼ接しない生活をしているアラフォーなので、その辺はご容赦ください。

happinet-phantom.com

以下、あらすじ。(参照 Filmarks

“恋する女性が光って視える”特異な体質を持つ大学生・西条。恋愛とは無縁の学生生活を送っていたある日、「恋というものを知りたい」と言う文学少女・東雲と出会い一目惚れ、“恋の定義”を語り合う交換日記を始めることに。そんな2人の様子は、西条にずっと片想いをしている幼なじみの北代の心をざわつかせる。さらに、他人の恋人を略奪してばかりの宿木は、西条を北代の彼氏と勘違いし、猛アプローチを開始。いつの間にか4人で“恋とはなんぞや?”を考えはじめ、やがて不思議な四角関係に…。数千年もの間、人類誰しもが悩んできた「恋」を、果たして彼らは解くことができるのか?そして、それぞれの恋の行方は―?

youtu.be

見終わった感想としては、最初から最後まで西野七瀬さん演じる北代が可愛く感じました。バイトしてる姿も、片膝立ててビールを飲んでる姿も、西条にちょっとダル絡みする仕草も、旧片山家の縁側でだっさいパジャマ着てビール飲んでるところも。あとは最後の美術館のシーン。二人は幼馴染で、最後には恋人になりましたけど、こういう男女の友達っていいなーと思いながら見ていました。

そして恋する人の周りには光が見えるという設定ですが、なんとなく雰囲気は分かります。いわゆるこの年代。俺が大好きなモラトリアム後期の若者が恋してるという状況だけで、アラフォーの俺にはキラキラして見えてくるような気がします。

これはレビューサイトで見たコメントの引用。「理論上の恋、勝ち取ってこその恋、幼馴染のくすぶった恋、それに揺れ動く人々。恋の定義とは、辞書に書いてあるほど簡単なものでもなく、難しくもない。直感で好きだ、と思えばそれは恋。でも、伝えたくてもなにかが邪魔をする。観ていてじれったくも、華やかで、苦しくても、美しい。そんな映画。」俺も本当そう思いました。

そういえば、今はもう疎遠になってしまったけど、小さいときは毎日のように一緒に遊んでいた幼馴染の子は今頃何してるんだろう?ふとそんな気持ちにもさせてくれました。

ありがとうございました。

 

 

 

人事異動の季節

だいたいの会社では、年度といえば4月始まりの3月終わりだと思います。俺の会社もそう。そして定年退職という仕組みがあるので、その年齢に達した者が会社を去り、新しい社員がまた入ってきます。要するに年度が替わるということは人が動くということ。そう、人事異動の季節です。バックオフィスである管理部門全般の業務に携わっているなかでも、俺は比較的「人事」という業務の比重が高い状況です。また、人事といってもそれぞれの会社でカバーしている所掌は様々だと思いますが、例えば採用や退職事務、人材開発。他にも給与事務などにも携わってるなか、今日は配置換(以下「異動」と言いたいと思います)について書いてみます。

まず、人員配置に関する計画というものは事業計画に紐づいているため、基本的には中長期で考えています。キーになる何人かの社員をピックアップし、その社員を軸に3年~5年後のことまで考えて計画します。それをベースに、来期のことはだいたい半年~1年前頃に骨子を決め、時期が近づいてくるにつれ、次年度の強化点だったり、改善点だったりを考慮しながら微調整し、具体化させていく。俺の会社では毎年こんな感じで進めていきます。

次に具体に社員ひとりひとりの異動について。それについては、これまでの経験上、3種類あると思っています。ポジティブな異動と、ネガティブな異動。そして特に大きな意味はない異動。ポジティブな異動の方は、本人の成長やキャリアアップ、部署への刺激を期待して行うもの。色んな部署での経験を積ませて、適性を見つけていく異動もこの部類かと思います。なので、部署間を行ったり来たりしたりさせることはほとんどありません。ネガティブな異動の方は、反対にその社員を取り除かないと部署や周囲の社員の成長が阻害されており、それを取り除くために行うもの。他に、本人の成長速度が期待したものじゃなかったり、これ以上の結果求めるとメンタルダウンしそうな場合も同じくです。そのため、その社員の適性やキャリアは度外視され、部署間を行ったり来たりということも起こり得ます。残りの異動は、その両者の穴埋め的要素が大きくありますし、あとは組織の流動性という名のもとにある、いわゆる様子見的な要素とでも言うのでしょうか。適材適所なんて、やってみなきゃ分からないこともあるので、とりあえず大きな枠組みで動かして、たまに光り出す社員を拾い出すというような感じ。正直に言うとそんなところです。

本人に内示する際ですが、ポジティブな異動の方はもちろん正直に伝えます。もしかすると、本人にとってみれば短期で見た場合にポジティブでないと感じる場合もあるかもしれませんが「これは君のキャリアを考えたうえでのプロセスなのだ」と。一方でネガティブな異動の場合、そして残りの場合、馬鹿正直に伝えることはできないので、本人にはポジティブな理由も後付けして伝えます。勿論、はっきり言わないと分からないような社員には心を鬼にして伝えますが。例えば、責任を一切取らない責任者には「これからは責任を取らなくても良いポジションで仕事をしてもらう」というように。

ビジネス研修などで「262の法則」というものは聞いたことがあると思いますが、俺はこの異動というものに当てはめて考えても、同じことが言えるのではないかと感じています。もちろんポジティブな異動が前の2、ネガティブな異動が後ろの2、残りが真ん中の6という具合。そう考え、そしてこの一年を振り返った場合、もし異動の内示を受けた場合に自分自身はどの部類に入るでしょうか?十分に頑張った一年が評価された異動かもしれませんし、「やっちゃった」一年の結果の異動かもしれません。あるいは、目から鱗ともいえるびっくりな異動があるかもしれませんね。

たまにFA制がある会社って、自分のやりたいことを社内で実現しやすいという意味では、良いなって思ったりもします。けどそれって結局はジョブ型雇用を前提にしていて、メンバーシップ型雇用の恩恵を十分に受けたうえで言ってたら、ただの良いとこ取りって気もしなくありません。実際はいきなりプロフェッショナルを求められるので、かなりきつい部分もあると想像しますし、きっと新卒で入った今の会社で十分に経験を積み、色んな境遇に恵まれてスキルアップすることが出来た今だからこそ、良く思ってしまう部分もあるのかなと思います。(チャレンジという点で魅力的ではありますが)

一年あっという間で、今日からついに3月。いよいよ年度末の繁忙期に突入し、あと数日で次年度の会社の新体制もオフィシャルになります。そんな時期だからこそ、あらためて自分の考えをアウトプットしてみました。

「無償であることが善」ではない気がする

いつの頃からかコンビニのレジ袋が有料になり、商品をレジに持っていくたびに店員さんから聞かれる「レジ袋はどうなさいますか?」という質問に対して、その有無を答えなきゃならないというひと手間が追加されました。見ているとマイバッグを持ってる人もそこそこの割合でいてて、買った商品をその場で詰めている人も結構いるように思います。

けど俺は手で持てるくらいの量(小さな商品1~2つくらい)でないとき、ほぼ毎回レジ袋を貰うようにしています。「3円とか5円の積み重ねが大きな金額になる」と言われると、確かにそのとおりなんですけど、俺の場合は貰う目的が違います。レジ袋も購入すると、店員さんが商品を袋詰めしてくれる。要は袋代というよりか、それに対する対価を払ってるという意識です。もちろんその作業に対する対価が妥当なのかどうかという議論はさておき。

そんなコンビニでの光景を見ながら、ふと思ったことがあります。世の中に「無償であることが善」として縛られてることが多すぎないかと。それはたぶんこの『おもてなし』文化が溢れていたり『お客様は神様だ』という間違った意識。『愛情=無償の奉仕』というズレた理想からなのかもしれません。俺の身の回りのことでいうと、例えば…

PTAって負担大きすぎない?

ググってみると、PTAとはParent-Teacher Associationの略で、 各学校ごとに組織された保護者と先生による社会教育関係団体のことを言うそう。 活動の目的は子どもの学習環境を整えること。 大きな特徴は営利を目的としないボランティア活動であるという点。そう、ボランティアね。。。今年度、妻が役員をしてくれているんですが、先日にあった次年度役員の選挙。夕方の5時から始まり終わったのが夜10時半ごろ。それ以外にも大した金額にもならないベルマークを大人が数人がかりで集計するという作業や、学校行事の際に準備や後片付けを無償で手伝うという作業。これボランティアでするのが当たり前なんでしょうか?例えば各家庭が月500円払って専任の人を雇ったら、それは『子供に対する愛情が足りない』となるのでしょうか?

自治会っている?

今の家に引っ越してきてすぐ、ちょうど順番で役員が回ってくる状況だったので引き受けたんですが、月に一度の集会への参集や、二か月に一度ある各家庭を回っての会費の現金徴収。それ以外にも地域のお祭りの準備&後片付けや、イベントごとの運営などなど。そもそもスケジュール設定も土日が休みであることを前提にしたもので、勤め人には無理だろうと思いました。ゴミの収集所の管理などもしてる自治会があるそうですが、それも含めて俺はお金を払うことで解決する方法もあるんじゃないかなーと思いました。もちろん、やりたい人はやったらいい。ただし地域の交流を深める手段としては、違う方法もあるんじゃないでしょうか。

旗持ち当番こそ仕事でしょ

これも地域によるんでしょうけど、ウチの子供たちが通っている小学校では、朝の通学時間帯に保護者が交通量の多い交差点に立ち、横断歩道を渡る子供たちを旗で誘導するという役割が順番でまわってきます。ウチは妻が専業主婦をしてくれているので任せっきりですが、そうじゃない家庭は仕事に遅れていったり休みをとったりしているそうです。会社を休むとなると、いわゆるノーワークノーペイな訳で、なんかこれもいびつな仕組みだなーと思います。それこそ、お金を払って誘導員を雇うということが、子供の安全を守るという愛情のひとつじゃないのでしょうか。

 

このようなことを言うと、一定数「じゃあそのお金を払えない家庭はどうするんだ」とか「どこもかしこも金銭的に余裕がある訳じゃない」というご意見を頂戴することがおそらくあるのだと思います。ただし、それは至極もっともな意見なので、本当にそうなのであれば、行政が何らかの形でケアしてあげて欲しいと思います。

なので、個人的に俺が一番厄介だなと思うのは、同調圧力を持った人たちかなと。「自分たちだってそうしてきたんだからこうすべきだ」とか「みんなだってやりたくないけど我慢してやってるんだから」と、誰かが手を抜いたり、楽したりすることを許さない。全員で我慢大会をしたい雰囲気を身体中から醸し出している人たち。まぁ地域の行事だけじゃなく、会社にも同じ種類の人間はいますけどね。

 

そういえば会社でも対顧客の最前線に立つ社員に対して、理不尽なクレームを言ってくる人たちがいます。『高級ホテルでは〇〇な接客をされた』だとか『某百貨店では□□だった』とか。最終的に対応がこっちに回ってきたとき、面と向かっては言いませんけど「勘違いも甚だしいなー」と呆れてしまいます。

「あなたはそれに見合う対価を彼女たちに払ったの?それなりのサービスしか受けられなかったということは、それなりのものしか払ってないってことだよ」

言いませんけど、こういうことはっきり言える世界になればいいですね。

鑑了 グランド・ブダペスト・ホテル

2013年に公開されたドイツ・アメリカ合作のコメディ・ドラマ映画。仮想の国ズブロフカ共和国にある高級ホテルのカリスマ的コンシェルジュである初老の男と、若いベルボーイの交友を描いた作品です。監督・脚本はウェス・アンダーソン、主演はレイフ・ファインズ。第64回ベルリン国際映画祭審査員グランプリや、第87回アカデミー賞の4部門やゴールデングローブ賞映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)なども受賞したそうです。

こちらもアマプラの「あなたが興味のありそうな映画」に表示され、やや気になっていたのを思い出し、先週末にサクッと鑑賞させてもらいました。

以下、あらすじ。(参照 20th Century Studios

“伝説のコンシェルジュ”が究極のおもてなしで皆様をお待ちしております。ウェス・アンダーソン監督と豪華スター競演で贈るミステリー・コメディ! 美しい山々を背に優雅に佇む、ヨーロッパ最高峰と謳われたグランド・ブダペスト・ホテル。その宿泊客のお目当ては“伝説のコンシェルジュ”グスタブ・Hだ。彼の究極のおもてなしは高齢マダムの夜のお相手までこなす徹底したプロの仕事ぶり。ある日、彼の長年のお得意様、マダムDが殺される事件が発生し、遺言で高価な絵画がグスタブに贈られたことから容疑者として追われることに。愛弟子のベルボーイ・ゼロの協力のもとコンシェルジュの秘密結社のネットワークを駆使してヨーロッパ大陸を逃避行しながら真犯人を探すグスタヴ。殺人事件の真相は解明できるのか!?

youtu.be

作品の長さが1時間39分ということもありますが、ストーリーの展開は非常にテンポが良く、最後まであっという間に鑑賞できました。また、いくつかのレビューでも書かれているとおり、映像も綺麗だし、それぞれのキャラクターも個性的だし、インテリアも目を引くものが多くあり、楽しんで観ることができました。

あとは、戦場のピアニストの印象が強かったエイドリアン・ブロディが悪役だったり、ジュード・ロウが役名も無いくらいのちょい役だったり、久々にウィレム・デフォー(俺はいまだにプラトーンのエリアス軍曹のイメージ)を見れたり、キャストについても結構豪華な作品でした。

映画のストーリーはシリアスなテーマなんですが、コミカルに、とにかくお洒落に作られている作品で、俺のなかで『一度見ておいた方がいいよ』映画のひとつかなと思います。

ありがとうございました。

 

鑑了 セッション

あるときからアマプラの「あなたが興味のありそうな映画」に表示されるようになり、少しきになっていたので週末に鑑賞させてもらいました。2014年にアメリカで製作されたドラマ映画で、監督・脚本はデイミアン・チャゼル、主演はマイルズ・テラー。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズ助演男優賞を含む3部門受賞の本作品。原題は「Whiplash」と言うのだそうですが、なぜ邦題は「セッション」になったのでしょう。日本市場のことを考えたのかもしれませんが、鑑賞が終わったあとは原題のままの方が遥かに良かったような気がします。

session.gaga.ne.jp

以下、あらすじ。(参照 Filmarks

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

youtu.be

鑑賞が終わったあとの素直な感想として、

久々にヤバイ映画見つけた!

俺こういう映画めちゃくちゃ好きです。1時間46分という作品の長さも、見るまでは短いようにも思ったのですが、没入感が半端なく、全然気にはなりませんでした。

フレッチャーという教師役を演じるJ・K・シモンズ。登場して5秒くらいで「あ、こいつはやばい奴だ」ということが分かるくらいの鬼教師。一流を目指すためには、これくらい狂気に満ちた指導が必要なのかもしれないけど、それにしても…という話。途中、主奏者を決めるために3人の生徒に延々とドラムを叩かせるシーンがあるのですが、そのときの空気感は、見ているこちらも息が詰まりました。

そして主人公のアンドリューを演じるマイルズ・テラー。最初はどちらかというと芋っこい田舎の男子って雰囲気。女の子をデートに誘ったりするシーンもあり、いわゆる学園ものかなと思っていると、少しずつ様子が違ってきます。フレッチャーの期待に応えるためなのか、それとも自分自身の殻を破るためなのか、段々と狂気じみたようにドラムの練習をし始め、まさに血だらけのドラマー。

何よりもラストの10分。一瞬、穏やかに見えたフレッチャーがやっぱり鬼になり、その仕打ちに対してドラムでやり返すアンドリュー。そしてそれを受け止めるフレッチャー。上着を脱ぐシーンでぞわっとし、お互いにうなずき合い、微笑みあうシーンで鳥肌が立つ。と思ったら次の瞬間、ラストシーンが訪れるという展開。

格好いい。すごく格好いい。何度でも言うけど、この展開めちゃくちゃ格好いい。見終わってからもしばらくドラム音の余韻に浸るとともに、たぶんWhiplashはこれから何度も聴いてしまうような気がしました。

ありがとうございました。

youtu.be

 

 

今週もがんばりましょう

令和6年2月26日 [手術から118日目] 

理学療法士さんによるリハビリに通いだして、約1か月が経過しました。週の真ん中(火曜~木曜)の仕事終わり、それと土曜日の週に2回通うというリズムが、ようやく整いだしたと思っていたのですが、先週、担当の理学療法士さんが2月いっぱいでそのクリニックを辞めてしまうと聞きました。3月以降は別の方に担当を引き継ぐと。この時期だし、色んな事情があるんでしょうと、仕方ないと思う気持ち半分。また新しい理学療法士さんとの相性を図らなきゃならないのが少し面倒だなと思う気持ち半分。3月以降のリハビリはそんな感じになりそうです。

粉砕してしまった鎖骨の状態についてですが、約4か月も経過してることもあり、痛みを感じるシーンはほとんど無くなりました。今は骨の痛みというよりか、可動域に制限があることによる痛みや張り、フックプレートの違和感(強烈な肩こりのようなイメージ)が中心です。日常生活については、90度までの挙上の範囲であれば、だいたいのことはひとりで出来るようにもなってきましたが、例えば髪の毛をセットしたり顔を洗ったり、シャワーをしたり髭を剃ったり、生活するには予想以上に90度以上の挙上が必要なんですよね。あと地味に疲れるのが食事をするとき。お箸やスプーン、右手で持つことは出来るのですが、それを口に持ってくる動作が実はしんどい。その繰り返しの動作もリハビリになるんでしょうが、ついつい右肩の怠さを避けるため、左手でしてしまいます。

今、一番 ”できない動作” は腕を後ろに振る動作。そうすると肩の前部が強烈に張ってきてしまい、だんだんと鋭い痛みが出てきます。それを少しでも解消するために、先週末はとにかく歩きました。できるだけ意識的に腕を振って。クリニックからの帰り道、普段は妻に迎えにきてもらうところを3キロかけて歩いてみたり、愛犬の散歩(息子の付き添い付き)をしてみたり。あいにく日曜は雨だったので引きこもっていましたが、外を歩きセロトニンを浴びることで、気分転換にもなったのかなという雰囲気です。

それともうひとつ。先週金曜日の祝日に約4か月ぶりに髪の毛を切りました。これまでは月に一度程度はメンテナンス(常連であれば2ブロックのバリカンとか前髪カットは無料でしていただけるので)に行ってたのですが、それも怪我で行けずじまいだったため、本当に伸ばしっぱなし状態。なので「どれくらい切りますか?」と聞かれて迷わず「すっきりといってください」と、見事にショートのリョーちんヘアーになりました。若干ですが、3連休明け、職場内の人たちの目線が気になることを期待してしまいます。

さてさて、温かくなってきたと思ったらまた寒さが逆戻りしたり、天気予報がいつも以上に気になる季節。そして来週は娘の高校入試。色んな意味で「春よ来い」

今週も頑張っていきましょうー!

鑑了 Coda コーダ あいのうた

TikTokで紹介されていた本作品。2021年の映画ということですが、何の予備情報もなくアマプラで鑑賞させていただきました。以下、全部見終わってから調べたところによると、監督・脚本はシアン・ヘダー、主人公をエミリア・ジョーンズ、その両親をマーリー・マトリンとトロイ・コッツァー、兄をフェルディア・ウォルシュ=ピーロが演じています。また、この作品は2014年のフランス語映画「エール!」の英語リメイク版となっているそうです。

gaga.ne.jp

以下あらすじ。(参照 Filmarks

豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす高校生のルビーは、両親と兄の4人家族の中で一人だけ耳が聞こえる。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から“通訳”となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。新学期、秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択するルビー。すると、顧問の先生がルビーの歌の才能に気づき、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。だが、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業の方が大事だと大反対。悩んだルビーは夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をし…。

youtu.be

見終わってからじんわりと「このシーン良かったなー」と思うところが2つ。ひとつめが発表会のシーン。あまり言うとネタバレになってしまうんですが、そのシーンで描かれていた聾啞者が感じている ”音のない世界” は、ぜひこの映画に没頭しながら見て欲しいです。ふたつめがオーディションのシーン。見ながら、ラストは「たくさんの観客の前で」とか「拍手喝采に包まれて」とか想像していましたが、決してそうではない。しかしそれ以上に家族愛が溢れた描写で、パソコンでひとりで見ていたのですが、思わず泣いてしまいそうな感情が溢れてきました。あとは個人的に、音楽教師のベルナルド先生のキャラクターが良かったです。

余談ですが、この手の映画として俺が思い出すのは「天使にラブソングを」です。中学校の音楽の時間、他の授業内容はほとんど覚えていないなかでも、この作品を音楽室で見せてもらったことは、いまだに覚えています。やっぱり視力よりも聴覚や嗅覚というものは、脳にダイレクトに入ってくるのだろうか?そういう意味で、音楽の才能があるっていうのは素敵。そういえば実は俺も6歳から12歳までピアノを習っていて、中学校の合唱発表会では男子で唯一の伴奏者だったりもしたんですが、今思うと細々とでも続けておけば良かったなーと少し後悔。

ありがとうございました。